熱膨張の制御を可能にする
負熱膨張材:ZrW2O8

用途例

ご採用のメリット

  • ZrW2O8は温度上昇と共に収縮する負の熱膨張特性を持っており、各種基材との複合材を作ることで、基材の熱膨張が制御できます。
  • 有機物、無機物ともに混合が可能です。
  • 熱膨張係数の変化は混合体積比に比例する為、熱膨張係数の制御が容易です。(⼀定量以上のZrW2O8を正しく分散させた場合)
  • 広い温度範囲で安定的に負の熱膨張特性を発現します。
  • 分散性の向上と微小部品への適用に向けて、小粒径品の開発を進めております。

有機実装基板への添加効果のイメージ

基材と混合することで、温度変化による形状の変化量を抑制します。

ZrW2O8添加効果の例
(エポキシ樹脂混錬品のTMA測定結果)

負の熱膨張特性を持つZrW2O8を混合することで、熱膨張の緩和が可能です。

ZrW2O8負の熱膨張特性

TMA測定結果

Temperature(℃)

PhaseCTE(ppm/K)温度範囲(℃)
α-phase-9~ 155
α→β相変化-155 ~ 180
β-phase-4180 ~

*)圧粉体(密度:約65%)にてTMA測定

負の熱膨張メカニズム

ZrとWを結合する酸素原子(O)が熱エネルギーにより横方向に振動(回転)し、収縮します。

熱の制御に関連する他の製品